購入計画と店舗めぐり

ブランド・ノーブランドの結婚指輪には、いずれも一長一短があり、一概にどちらが良いとは言い切れません。したがって、それぞれの特徴を理解し、個々の特性に合った方を購入すると良いでしょう。

例えば、ブランドは手ごろな価格のところにして、浮いた分の費用で大きな石をあしらう、どうせ毎日使うものなので、手ごろな値段のブランドにする、男性の経済状態が豊かなので、好みのブランドから選ぶ、指輪職人の友人がいるので、ブランドものと同じデザインの品をノーブランドで安くつくってもらうなど、いろいろな選択肢があります。

そのようにして、結婚指輪の予算が立ち、購入する商品の大まかな方向性が定まったら、2人で一緒にジュエリーショップが建ち並んでいる街中へ出掛けて、ショップめぐりをしてみるのも良い方法です。街中のショップを訪れて、商品を試着したり、カタログを手に入れたりすれば、結婚指輪に関するさまざまな情報を収集することができます。

ショップを回る時には、試着して気になる商品があったら、忘れずにその型番やサイズ、価格などをカタログにチェックして、持ち帰ることをおすすめします。そのようにしておけば、後から気になる商品をリストアップし、比較・検討する上で役立ちます。

相場と実際の購入費用

婚約指輪や結婚指輪の購入に際しては、世間的な相場を知っておくことも大切です。その種の情報は、自分の周りにいる婚約指輪・結婚指輪の購入経験がある人、ジュエリーショップの店員などから話を聞くほか、書籍やインターネットを利用するなどして収集することができます。

そのようにして得た一般的な相場の情報は、値段の目安を知る上での参考にはなりますが、必ずしもその通りに購入しなければならないという訳ではありません。例えば、「婚約指輪は要らないけれども、日常使いの結婚指輪は、気に入ったものが欲しい」という女性の要望があれば、それに応じた購入計画を立てると良いでしょう。

次に、結婚指輪の購入に掛かる費用は、購入する商品がブランドものか、ノーブランドのものかによっても違いが生じて来ます。その内、ブランド物には、ネームバリューとしての安心感がありますが、それなりに高い価格設定がなされているという問題もあります。

一方、ノーブランドの商品は、リーズナブルな値段設定が魅力ですが、ブランドものと比較すると信頼度が低いという問題点もあります。そのように、いずれもメリット・デメリットがあるので、それらの相違点を理解した上で、2人で意見を出し合い、個々の適性やニーズ、希望条件に合った方を購入すると良いでしょう。

予算を立てる意味

婚約指輪は、結婚の約束をした記念に、男性から女性へとプレゼントされ、女性だけが持つこととなります。その一方で、結婚指輪の場合、ペアで用意し、結婚式の時に交換するのが通例となっています。とは言うものの、結婚指輪を購入する際にも、その費用は男性が負担するのが一般的です。

結婚指輪は、一生に一度のイベントである結婚を記念して、2人で持つこととなる思い出の品です。そういった意味合いからすれば、男性が結婚指輪の予算などを考えていると、パートナーの女性から「夢がない」と言われてしまうかも知れません。とは言え、現実的な問題としては、初めに予算を立ててからでないと、それだけ結婚指輪の選択肢が多く、商品を選ぶのが難しくなってしまいます。また、男性が代金を支払うとは言っても、結婚してからは、2人で1つの家計となる訳です。結婚指輪を選ぶに際しては、そのあたりの事情も踏まえた上で、予算を決めることが大切です。

これから結婚指輪を選ぼうという場面で、まず予算を立てておけば、商品の選択肢を、予算の範囲内で購入できるものに絞り込むことが可能になります。そのようにして、結婚指輪を選ぶ際に掛かるエネルギーや時間、コストをある程度まで節約することができるのが、予算を立てることのメリットなのです。

結婚指輪の予算

女性だけが持つこととなる婚約指輪とは異なり、結婚指輪はペアで用意するのが一般的です。とは言え、その購入費用は、いずれも男性が負担するのが通例となっています。一生に一度の記念の品である結婚指輪の予算などを考えるのは、「夢が覚める」という意見もあります。とは言うものの、実際には、予算を立てておかないと、商品選びがそれだけ困難になってしまうという問題があります。

次に、周りの購入経験者やショップのスタッフから話を聞いたり、書籍やネット上の情報をチェックしたりして、一般的な相場を理解することも大事です。そのようにして得た情報は、目安として参考になりますが、実際にいくらの商品を購入するかは、2人で相談し合って決めると良いでしょう。

また、ブランド・ノーブランドの商品の内、どちらを購入するかによっても、掛かる費用には違いがあります。それぞれに一長一短があるので、各々の特徴を把握し、2人で相談して個々の特性に合ったものを選ぶと良いでしょう。

その後は、ネットでジュエリーショップのホームページなどを探して、好みのデザインを見つけだしましょう。ネットでは店員さんに気を使うということがないので、低額・高額関係なく様々なデザインを見ることが出来ます。ある程度、方向性が固まったら、2人で街中のジュエリーショップに向かい、商品の質感や試着をして、直接肌で感じましょう。新たに気になる商品を見つけた時は、商品の情報をカタログにメモしておけば、後で役に立ちます。

当カテゴリーでは、結婚指輪の予算を立てる上で役に立つ、さまざまな情報をご提供します。これから結婚指輪を購入しようと考えている方は、是非チェックして、実生活の中で役立ててみて下さい。